2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
朝、四分咲きの桜がお堀を囲むのを眺めながら中央線で東京駅へ向かう。上越新幹線に乗り、まずは越後湯沢へ。そこはまだ雪深く、ところどころ見える山の肌も黒々とした冬。

「はくたか号」に乗り換えて一路めざすは富山です。目を覚ますと、雪景色は日本海になっていました。見えている山々は立山連峰でしょうか。でもどんな景色も、今日は眠気にかないませんでした。昼過ぎに富山に到着して仕込開始。2回目の仕込の今回は、セットが建つのが早かった。3時間半の予定を、2時間ちょっとで終了。照明さんに舞台を渡してシューティングが始まります。演出スタッフの顔にも寝不足ながら余裕が見られ、ちょっと安心です。

今日は、永井さんと翻訳家の松岡和子さんによるプレトークがありました。なかなかの盛況でしたが、プレトークって難しいですね。舞台を観る前のお客さんに話すわけですから、ネタばれしてもつまらないですし。

そんな中、永井さんがこんな話をしていました。
「戯曲には、『私はこのことをこう思った。あなたはどう思いますか?』という問いかけがあるべきだ」
戯曲の書き方の本の引用だそうですが、私も確かにそうだと思います。そして、「歌わせたい男たち」は、まさしくそんな戯曲です。どちらか一方の立場に立って正統性を訴えるのではなく、どの言い分も等しく十全に語られて、それぞれの説得力を持っています。それゆえに、永井さんは作家としての思想的立場を誤解されることもありました。「涙を流して帰る人もいれば、プンプン怒って帰る人もいる」と言う永井さんの言葉は事実です。そして、それはどんな意見を持つ人であれ、作家の問いかけによって何かしら揺さぶりをかけられた結果なのでは、と思います。

これから全国公演を観に来てくださるお客様には、この問いかけがどう響くのでしょうか。

ハヤフネ
2008-03-26 00:00 この記事だけ表示
キラリ☆ふじみの劇場の真ん中に池(?)が広がり水面がキラキラしています。(だから『キラリ☆』が付くのかな)

キラリふじみ.jpg

今でも忘れません。4年前、「新・明暗」を公演した日は台風でした。
今回は旅立ちにふさわしく晴天でした。
ホールの中にはお客様がびっしり詰まっていました。
笑い声で揺れる客席に揺さぶられてか、出演者の演技も軽やか。
私は、紀伊國屋ホールで2日目の公演を映像ルーム(2Fの奥の部屋)の小窓から覗いただけでしたので、客席できちんと観劇したのは初めてでした。
連日、演じている役者さんの声を、紀伊國屋ホールのロビーで聞いていて、芝居が「すごいこと」になっているぞとは思ってはいましたが、これほどまでに面白くなっているとは!(具体的には言いません。気になる人は観に来るようにしましょうね)
5月1日の千秋楽の山口では芝居がどのようになっているのだろう……。
やはり芝居は生き物だ、と実感した一日でありました。

そんなこんなで大盛況のうち公演が終わり、ロビーでは新しく出版された「歌わせたい男たち」の戯曲が飛ぶように売れました。
持ち込んだ書籍が足りなくなってしまうハプニングもありつつ。

嬉しく楽しいキラリ☆でありました。

(ひ)
2008-03-25 00:00 この記事だけ表示
我々はまず、近場へ旅に出ました。
最初の公演地は埼玉です。東京近郊はそれぞれ自宅から通うので「通い公演」などと言います。
さてさて、キラリ☆ふじみでの仕込み日。
うれしいニュースを会館さんからいただきました。→チケット完売!
なんとキラリ☆ふじみさんに於いてストレートプレイで完売が出るのは初めてなんだそうです。すごい、これは快挙ではないですか!
東京公演でご観劇いただけなかった方達がいらしてくれるのでは、と勝手に想像を膨らませます。
ここで道案内をしましょう。最寄り駅は東武東上線鶴瀬駅。東口から循環バスが出ているので、「市役所前」で下車してください。乗車時間は10分程度。
皆様、遅れずに来てくださいね。開演時間をあまり押せない深いわけがあるんです。それは……一度セットをご覧いただけたら気づいていただけるのでは、と。

きらり☆ふじみはとてもモダンな会館です。
楽屋ショットをいくつか。

bakuたて080324.jpg

広い廊下

yasuda080324.jpg

ハミガキもシャンプーもオッケーな洗面台。
おっと、顔を半分隠しているのは旅からのメンバーで照明の安田さんです。
私を含めスタッフはたいてい写真が嫌いな人が多いです。しかしブログ担当の務めとしては、公演スタッフの紹介は欠かせません。しかたなく「写ってくれなきゃ、隠し撮りします」となごやかに脅して撮りました。

本日の仕込みはだいたい無事に終了しました。「だいたい」のその他の部分は明日、一時間早い入りでカバーです。

これ食べて頑張りましょ。

dorayaki080324.jpg

ご当地モノ:「縄文どらやき」 すっごくおいしかったです!! 

ハヤフネ
2008-03-24 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。