2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
杜のホールはしもとにやってきました。
東京近郊での公演なので、永井さんもやってきます。客席数535席は今回の旅で二番目に小さい。お客様にとっても贅沢です。

もう、あと残す所3ステージ。東京公演27ステージと、旅公演24ステージ消化しました。稽古から換算するとこの座組が集まってからすでに85日が経過。旅に出てからは33日目。スタッフのTシャツのバリエーションもすっかり覚えてしまったし、飛行場のコンベアで巡ってくるカバンを見て、誰のか分かるようになってしまった。

そんな中、今日は大谷さんがトレパンを忘れて来て、稽古着が半ズボンでした。たったそれだけの変化で場当たりでは好反応。皆、見慣れないものに敏感になっています。

後半は乗り打ちばかりなので、一日一日がすごく早い。きっと5月1日まではあっという間でしょう。戸田さんのブログにもありますが、この後は鹿児島→福岡→山口の3連続公演。稽古場でスケジュール表を見たときから、皆がおののいていた行程です。でもまあ、それもお客様あってのこと。満席で迎えていただけるとうれしいです。

残り3公演。このお芝居を舞台でご覧いただけるのはそれっきりです。大変な時こそ、丁寧に仕事をしようと思います。

ハヤフネ
2008-04-26 00:00 この記事だけ表示
静岡・三島はいい天気です。
休憩時間のスタッフは、

080425marusan.jpg

日向で読書。

080425osamu.jpg

芝生で新聞。

080425sentaku.jpg

私物干し。
なんでもありです。劇場で生きる我々は、お日様の恵みをなかなか受けられませんもの。うぐいすの声を聞きながら、つかの間の「アウトドア」な時間が持てたようです。
散歩がてら買い物に出た久保さんが地域限定焼きそばを買ってきました。夕飯だって。ジャンクだね。

080425yakisoba.jpg

静岡公演の主催は長泉町と長泉町教育委員会です。この芝居を教育委員会が主催することは意味深いですね。まあ、「事業ですから」と言えばそれまでですが、実際にお偉いさんも観に来て下さるそうです。どんな感想を持つのでしょう。

亀有で芝居を久しぶりに観たわかちゃんがメールをくれて、「再演をやる意義こんなに強く感じた作品は初めて」だと言っていました。本当にそうです。初演から2年、世の中が確実に変わっていることをこの作品を通して強く感じます。昔読んだ本で、こんな台詞がありました。「世の中が変わるということは、人が変わるということだ」。

教育基本法の改正も大きな出来事ですが、社会の変化を受け入れているのはそこに住む人間たちです。「いいと思うか、思わないかに関わらず」いつの間にか人々が変化を肯定し、それによって社会は変質していく。

この世の中に、関わりのない出来事などないんだと、一制作助手の立場ながら、改めて痛感するこの頃です。

ハヤフネ
2008-04-25 00:00 この記事だけ表示
名古屋はご当地。
戸田さんのご当地、近藤さんのご当地、そしてわかちゃんのご当地。
わかちゃんのお父上とお母上が観に来てくれました。何よりも何よりも、感動したのはお父上がわかちゃんとまったく同じ姿形をしていることです。なんだか涙が出そうな程よく似ていた。ああ、間違いないなと思って。
「製造元ですから」とは、お父上の談。あはは、コメントのセンスまで似ている。離れて暮らしていても、つながりの濃いこと。
持って来てくれたのは、鬼まんじゅう。

080425.jpg

初演の時に食べてから、名古屋にきたら食べたいものナンバーワンと決めている。この座組で二回も一緒にやったから、名古屋の珍な食文化に精通できた気分。稽古場でも「生せんべい」とか食べてましたものね。
愛知厚生年金会館は1,600席の小屋で、今回の旅ではもっとも大きい劇場です。その割に客席はコンパクトに見えました。この厚生年金会館は、10月に閉鎖が決まっているそうです。そうなると、名古屋は慢性的な小屋不足に悩まされることになるとか。行政が苦しいと、文化って一番後回しにされてしまうんですかね。うまく行かないものです。苦しい中でも、そこに暮らす人々が文化に触れることで活力を得て社会にエネルギーが循環するかも、なんて考え方はぬるいんでしょうか。
そんなご当地・名古屋では、終演後の楽屋はすごいことになっていました。そういえば、まだ東京公演が始まる前に、戸田さんの事務所から名古屋公演のチケットを50枚予約が入って、票券の松本さんと「間違いかな?」と話していたことがありました。もちろん間違いではありませんでした。
楽屋の長い廊下はびっしりとお客様で埋まったのでした。

ハヤフネ
2008-04-24 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。