2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
誕生日は大事です。
二兎社のようなプロデュース公演の座組では、スタッフもキャストも数ヶ月単位で出会っては別れ、別れては出会いを繰り返しますが、せめて一緒にいる間はお互いの生まれて来た日を共に祝いたいものです。などといいつつ、衣裳・ばくちゃんの誕生日が仕込期間中にあったのに、すっとばした私です。ごめんね、ばくちゃん。
そんなわけで本日は遅ればせながらのばくちゃん誕生日と、正真正銘の演出部・丸さんの誕生日をお祝いするために、楽屋入り前に伊勢丹のB1でケーキを二つ物色しました。
そして開演前、お二人を舞台に呼びつけてお祝いをした次第です。
おめでとさんです!

CIMG3899_s.jpg

この二人、年齢と性別を超えてケーキを持つ姿が愛くるしいという共通点があります。ケーキを渡し甲斐があるというものです。

3月はこの後、大谷さんの誕生日も控えています。しかし何事もマイペースな大谷さんは、誕生日が休演日なのです。さすが大谷さん。どのようにお祝いしようか、今から頭を悩ませております。

ハヤフネ
2008-03-07 10:20 この記事だけ表示
CIMG3887_s.JPGCIMG3893_s.JPGCIMG3889_s.JPG

ああ、家に帰って来てほっとしました。

今日はアフタートークの第一弾として、秋元康さんをお招きしている日でした。なぜかその司会をやることになっていたのです。たぶん、成人してから今までで最も緊張したかもしれません。
私が司会というのがあまりにも恥ずかしかったので、役者さんにもスタッフにも何も言わずにいたら、今日になって皆に面白がられました。
開演中も、
萌ちゃん「ていうか、今いっぱいいっぱいで話聞いてないでしょ(笑)」
中上さん「そういえば今日一度もちゃんと目を合わせてないよね」
近藤さん「なんだあ、言ってくれればオレやったのにぃ」
戸田さん「(芝居中)」
大谷さん「(マイペースだから何も気がつかない)」

いじられようがなんだろうが、やるしかありません。
しかし、さすがは秋元さん。肩書きは「作詞家」とされていますが、いわずと知れた構成作家さんです。事前打合わせでご提案をくださり、そのプランに乗っからせていただいてアフタートークの幕が上がりました。
始まってしまえば両作家のお話があまりにも面白く、私も観客気分で聞き入ってしまったので、締めくくりがかなり強引になってしまいました。が、観客の皆さんはトークを楽しんでいただけたのではないかと思います。

それにしても永井さんがトーク中に、「今日観ていて、今まで気がつかなかったことを発見してしまった。でもこれをダメ出ししたら役者さんが困るかも……」
と告白したので、トークが終わって裏に行くと役者さんに取り囲まれてその内容を問いただされていました。さて、永井さんの衝撃のダメ出しとは……?
気になる方はこの後の公演をご覧下さいね。
当日券は必ず出てますよ〜。

ハヤフネ
2008-03-06 00:00 この記事だけ表示
初めての休演日が明けて、今日は昼夜の二回公演でした。昼公演の後、戸田さんが皆に差し入れてくださったお弁当で満腹になると、それぞれ思い思いに過ごします。

私が知る限り、役者さんはたいていマイペースな方が多いです。職業柄なのでしょう。それぞれアップや発声練習など独自の時間やメニューで動いて、本番に向けて自分の体を作って行くのです。きっと「こうすれば自分の体はこうなる」という確信を持つことが大事なのでしょう。舞台に立って多くの観客の視線の中で動くというのは、やはり並大抵なことではありません。

しかし、この方のマイペースさったら、他の人の比ではないのです。

080305写真1A.jpg

暗くて写真が悪いですが…。

今日の大谷さんは舞台裏の通路に座り込み、ウクレレを取り出しました。なぜウクレレを持っているかと言うと、毎日持ち歩いているからです。そしてハワイアン・ソングをアレンジしたものを一曲。通りかかった私はその断片しか聞けませんでしたが、『焼酎が大好きさ』というフレーズは聞き逃しませんでした。

同じく通りがかった近藤さんが小銭を投げる振り。

080305写真3.jpg

衣裳のばくちゃんは路上で聞き入るファンのポーズ。

080305写真2.jpg

一体ここはどこなんだ?!

とある街角と化した紀伊国屋ホール舞台裏でした。

ハヤフネ
2008-03-05 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。