2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
今日は春分の日だったので、昼公演を一回。
世の中、休日ですね。そんなわけで終演後に永井さんのサイン会が紀伊国屋書店さんによって開催されました。例によって……写真を撮ってない!!
その間私が何をしていたかと言うと、楽屋で近藤さんと萌ちゃんに旅に持って行くサインを書いてもらったりしていましたが、その様子も撮ってない。さらにサイン会の後、永井さんの書籍のほとんどを出版してくださっている而立書房の宮永さんにご飯に連れて行ってもらい、永井さんや安藤さんととっても美味しい目にあって来たのに、その様子も撮ってない。どうも日常生活に写真を撮るという行為がうまくなじまないらしい。だってこの悩みは「歌わせたい男たち」の初演で旅中のブログをまかされた時から変わっていないもの。
だからもう開き直って字だけのブログとか、人物のない写真のブログ道を行くことにします。と、勝手に宣言。
そんな中、それでも殊勝な気持ちで昨日から導入したデジカメにはこんな写真が……

080320写真.jpg

衣裳・ばくちゃんが恋愛指南書を読む様子です。最近楽屋ではばくちゃんのため息の後に必ず、「ああ、恋がしたい」という台詞が。ここ数ステージはカーテンコール前、袖での待機中に必ず、隅に丸めて立ててあるパンチカーペットに抱きついて寂しさを紛らわせいているようだし……。あんまり奇行が激しくなる前に、だれかいい人現れないかしらねえ。

ハヤフネ
2008-03-20 00:00 この記事だけ表示
昼夜二回公演の日。外がどんよりしているなあと思っていたら、夜公演の頃には雨が降り出していました。
近藤さんから差し入れていただいたお弁当で腹がくちい昼夜の間に、ケーキが登場しました。

080319写真1.jpg

前にブログにも書きましたが、18日は大谷さんの誕生日だったので、ケーキでお祝いしました。肝心な所を撮り損なったので(なんせケーキを持つ役)、ケーキのみ事後撮影。
わかちゃんがいたらなあ……。
大谷さんは54才になられたそうです。校長の役はたしか56才設定だった気がするのでちょっと近づきましたね。毎日、大谷さんの演技が鬼気迫って行くので目が離せないこの頃です。

さて、旅手帳が刷り上がりました。
今回はこんな感じ。またわかちゃんに表紙を頼みました。

080319写真2.jpg

私が経験する中で一番長い旅です。全国18カ所を巡ります。

080319写真3.jpg

全国公演を観に来てくださる皆様、もう少しお待ちくださいね。

東京公演は残すところ5ステージです。

ハヤフネ


2008-03-19 00:00 この記事だけ表示
折り返したら、ゴールはあっという間です。
でも地方でのステージ数もあわせると、東京公演の楽日は「中日」と言い換えてもよい日です。まだまだ、全体の半分を消化したことにしかならないわけですが、紀伊国屋ホールでこのお芝居が出来るのは、後7回のみ。
ここ半月、当然のような顔をして新宿に通って来たのに、この小屋とのお別れはもうすぐそこです。
一足先に名残を惜しもうと、客席両側のオブジェ?をしみじみ見てみました。

080317写真1.jpg 080317写真2.jpg

横から、下から。博物館に展示してある、古代の壁画の一部のようです。ああ、こん風だったっけと、改めて思います。

080317写真3.jpg

調光室への階段に続く通路。奥の入り口は奇妙で、ドア枠より入り口が狭いので、初めて通った時に左肩をしたたかにぶつけました。でもこの忍者屋敷のような、迷路のようなところが、劇場の個性であり面白さです。私は今回初めて紀伊国屋ホールさんで仕事をしたのですが、もう愛着を感じています。
残り少なくなって来たので、短くも濃い紀伊国屋での日常生活を余すことなく味わっておこうと思います。

ハヤフネ
2008-03-17 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。