2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
わかです。
家を出て駅へと向う途中、ふと目線を上げるとサクラが咲いていました。昨日ハヤフネさんが書いていましたが、家の近くでもサクラが咲き始めていました
よ。
今日は、紀伊國屋ホールでの千秋楽です。

080323写真1.jpg

紀伊国屋書店の階段を上がっていくと、劇場入口の前には長蛇の列。
舞台上では、いつものようにキャスト陣がアップをし、ここでの最後が嘘のような、いつもの雰囲気でした。
そりゃそうです。
上の写真の赤丸部分を拡大……。

080323写真2.jpg

千秋楽とは言っても、これから皆さんは北海道や名古屋など、各地での公演が控えているんです。
終演後は、積み出し作業に大忙しで、私はお菓子を整理して箱につめました。
いつもの雰囲気でつまみ食いをしながら……。

080323写真3.jpg

各部署でダンボールやボテに詰められた荷物、セットのパネルなどを運び出し、公演先で出したい順番に出せるように舞台監督の菅野さんの指示でトラックへと積み込まれます。
ちなみに、ボテとは、プラスチックケースや木で作ったものなど様々ですが、荷物を詰めて運ぶ箱のことです。
役者さんには各自一つずつプラスチックケースのボテが配布され、カバンに入れて運ぶには大変なものなど……例えば稽古着やアップ用のマットなどを入れるのです。
萌子さんや大谷さんは一つに収めるのが大変だとヒーヒー言っていました。
そして、そして、打ち上げです。

080323写真4.jpg

おいしいトルコ料理をいただきました。
そこで、愛さんから発表がありました。
紀伊國屋ホールでの全ステージの動員数は、なんと1万1千人を越えたそうです!
やったー!
二兎社では『新・明暗』(再演)、『書く女』を超える快挙だそうです。
スタッフもキャストも、劇場まで足を運んで早くから並んでくださったのにお席に案内できなかったお客様が沢山居たことが残念だと、口々に言っていました。
チケットが売れず、「お客さんが入らない」というのも悲しいけれど、チケットが売切れて、「(これ以上)お客さんが入らない」というのも、悲しいものなんですね。
随分、贅沢な悩みのようにも思えますが。
さて、各地の皆様、お待たせいたしました。
「歌わせたい男たち」旅公演が始まります。
このメンバーが旅に出れば、何も起こらないわけがない。
特に、愛さんと大谷さん……。
各地での面白エピソードを聞くのが楽しみ……そんな気分で、今日は皆さんを見送りました。
いってらっしゃーい!

Byわか
2008-03-23 00:00 この記事だけ表示
うちの近くの桜並木ではもうちらほら花が咲き始めています。
土曜日の昼夜2回公演の日。
「明日でもう紀伊国屋に来るのは最後だねぇ」と戸田さんがつぶやきました。そうですね、もう千秋楽です。
毎日劇場に通っていると、いままでもこれからもずっと通い続けるような錯覚が生じます。が、我々は流れ者のようなもの。明日になれば住み慣れた楽屋から荷物を運び出して、建てたセットをバラして、次の公演地へと旅立つのです。
東京公演は後一回。
明日はほとんど一日中徒競走してる気分ですぎて行くでしょう。だから今日は最後に、紀伊国屋ホールとゆっくり出来た日だったのかもしれません。

ハヤフネ
2008-03-22 00:00 この記事だけ表示
本日は野田秀樹さんをゲストにお招きしてのポストトークが行われました。

別の日のチケットをお持ちの方でもご入場いただけるため、開演前から劇場の外に並ぶ方もいらっしゃいました(トーク開始の2時間も前です!)。そして、終演した時には長蛇の列が……。
「すごい……まるでアイドルが出てくるのを待ってるみたいだね」と戸田恵子さんのマネージャーさんが感心していました。

野田秀樹さんが二兎社の公演を観てくださったのは、1999年の『兄帰る』以来ですから、なんと9年ぶり。『兄帰る』が岸田國士戯曲賞を受賞できたのは、野田さんの強い推薦があってのことでした。私も授賞式に居合わせたのですが、全く作風が違う永井作品を「大人の喜劇」として正当に評価してくださったことをよく覚えています。

そして今回の『歌わせたい男たち』も、野田さんは「面白かった」と言ってくださいました。当の作者を目の前にしているのですから「つまらなかった」とは言えないでしょうが、あながち嘘ではないと思います。「この作品に出演してくださいと言ったらどうします?」との永井さんの問いに対して「やりたいですねぇ!」と即答してくださいましたから。

『歌わせたい男たち』はともかく、他のプロジェクトであっても、いつか野田さんと永井さんがタッグを組んで何かを作ることができたら−−そんな期待も、夢ではないかもしれません。

東京芸術劇場初の「芸術監督」就任が決定したばかりの野田さん。ますますお忙しくなるでしょうが、これからも演劇界にとって刺激的な存在でいてくださいますように。

余談ですが、本日司会を務めました私(ゆ)は、夢の遊眠社の熱烈なファンでした。客席から憧れのまなざしで見つめていた野田さんと、こんなふうにお仕事でご一緒することができて大感激です。あの少年のような笑顔は今でも健在でした! 本日はご出演いただき、本当にありがとうございました。

(ゆ)
2008-03-21 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。