2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール

 松本、大津時と続いて閑静な街を堪能した身には、この雑多さがやけに相容れない感じがします。大津からJRでわずか45分。大阪へやって来ました。
 巨大なホテルではフロントへの電話がつながらず、部屋までの長く入り組んだ廊下では絨毯に足音を消される。なんとも大都会ムード。
 今日はスタッフだけの移動日で、お昼に大阪に到着すると後は一日フリーです。衣裳のばくちゃんと周辺をぶらつきました。食べ物屋の多さにちょっとわくわく。通りがかった喫茶店のショーウィンドウにはこんなものが。

 パフェの上にケーキ!大阪の心意気を感じました。
 ところでこのブログを書き始めてから、悩ましいのは写真です。そういえばわかちゃんは何かあるとすぐにデジカメを取り出して写真に収めていました。私はデジカメにしても携帯のカメラにしても、あんまり縁のない人間です。私がこの旅で日常的に見ている光景にはフォトジェニックな瞬間がたくさんあるのに、後から考えて、あ〜撮っときゃよかった、と。ブログ担当の責任を果たすためにも、写真を習慣にする必要があります。それにもっと人物がからんだ写真をモノにする必要もあります。これが難しい。人って動きますからね。琵琶湖は動かなかったですけど。
 とここで、今朝大津でモノにした写真を一枚。

 パルコ大津店前の横断歩道で笑顔を見せてくれたのは、照明のパクちゃん。照明さんは旅から3名増員。なんと照明チームは全員女性です。「時代が変わったよね」とつぶやいたのは大谷さん。そして大谷さんはこの座組みに女性が多いことが、お芝居のなによりの励みなんだとか。
 旅からのスタッフも順次ご紹介して参ります。人物写真と共にね。

はやふね

2005-11-21 23:22 この記事だけ表示

 「明日はすんごい天気いいから」という戸田さんの予言通り、その快晴さで目が覚めました。カーテンを開けっ放しで寝たからですね。

 11月20日、本日はびわ湖ホールにて公演を行います。
 琵琶湖を臨む劇場のロビーは一面ガラス張りで、その日の湖水の様子で毎日色が違うのでしょう。このロビーはいつもホットケーキとメープルシロップの匂いがします。なぜかは分かりません。座席数は800席。倍、倍で増えています。

 昨日大津入りした役者さんたちは、場当たり稽古が始まるまでのんびり過ごされたようです。大谷さんは昨日の夕食の席で宣言した通り、朝は湖畔でウクレレを弾いて過ごされたとか。でも寒かったので一曲だけ弾いて帰ってきたそうです。寒さには勝てないですよね。

 昼公演だったので、時間があっという間に過ぎて行きました。気がついたら開場していて、その後はモニターで席が埋まっていく様子を眺めていました。こんなにたくさんの方が見に来てくださるんですね。たまたま舞台袖に呼ばれたので、校長先生の出発をお見送り。すぐにお客さんの笑い声が聞こえてきて一安心。楽屋に戻ると出番を待つ萌子さんも中上さんもリラックスしている様子。旅公演は不定期に様々な場所で公演をするので、役者さんたちはリズムを掴むのが大変です。移動して公演をして東京に戻ってまた移動。体調が気にかかります。

 公演は無事終了。琵琶湖の皆様、熱い拍手をありがとうございました。終演後のアフタートークも好評。うれしい限りです。

はやふね

2005-11-20 22:18 この記事だけ表示

 本日はびわ湖ホールの仕込み日です。朝、窓のカーテンを開けて琵琶湖を見下ろしました。湖水の色は晴れの日は紺碧、曇りの日は鉛色だと昨日乗ったタクシーの運転手が教えてくれました。対岸への距離は最長で20キロ以上。広大な水の面とその上の広い空が、窓ガラスを通して沁み入ってくるようです。

 この旅は前半に緩やかな日程が組まれているので、トラックから荷下ろしをしてセットを組み立て、照明や音響を吊ったり設置したりする仕込みの日と、公演日は別になっています。旅の後半になると、朝移動して劇場入りして仕込んで上演といういわゆる「乗り打ちバラし」の連続になります。その頃にはこのブログはどうなっているでしょう?

 とにかく今日は仕込むだけ。しかも優秀なスタッフ揃いでなんとも余裕ありげな雰囲気が漂っています。その上今日は照明オペレーター吉田さんと、音響オペレーター徳久さんの誕生日の中日にあたります。昨日は吉田さんで明日が徳久さんの誕生日。というわけでケーキを囲んでスタッフだけの誕生祝いが執り行われました。二つのケーキの傍らに、年齢を現すろうそくを嫌がらせのように別立てであしらってみました。もちろん嫌がらせではありません。ウィットとか茶目っ気とか、そういう部類のものです。

 ともあれ、食う寝る働くを共にする旅仲間です。やけに楽しいひとときとなりました。舞台監督の菅野さんは「僕イチゴの〜」と言ってショートケーキを平らげた後、チョコレートケーキもおねだり。まんまと両方のケーキをせしめました。菅野さんがどういう人かお忘れの方は、このブログの9月13日「シリーズ完結編」へトラックバック。

はやふね

2005-11-19 21:56 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。