2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール

今日は岐阜県可児市への移動日でした。
新大阪から名古屋へ、名鉄に乗換え新可児へ向かいます。紅葉の盛りを縫う名鉄広見線はたった二車両で、途中の駅もひなびたムードで旅情をそそります。

制作の弘さんは可児で旅を終えます。後の旅の制作は私一人になり、弘さんは東京の事務所での仕事と、一月の出産に向けて本格的に準備を開始します。本当はいくら緩やかな日程とはいえ、前半の旅も体調が心配でした。でもこの旅には弘さんの心強い支えが。
弘さんのだんな様、斉藤さんはこの座組みに旅から演出部の一員として参加しました。物知りで、お料理とお洗濯が得意です。二人はみんながいる時はあまり話をしません。照れくさいからでしょう。でもとても仲良しです。上の写真は隙をついて撮ったのですが、二人ともいやがっていました。ごめんなさいね、載せちゃいました。ともあれ、来年には弘さんのお腹から赤ちゃんが生まれます。旺盛な食欲で8ヶ月ながら臨月並みのお腹をしている弘さんですが、最近めっきり食欲が減退しています。東京に戻ったらよく休んで、良き出産に備えて下さい。

おまけショット:

昨日の昼公演終演後の大谷さん。衣裳の下に穿いた海パン姿で、これからシャワー室に駆け込むところです。さすがです、とにかく。

はやふね

2005-11-24 23:21 この記事だけ表示

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、大阪公演です。

スタッフ・キャストにじんわりと疲れが漂ってきました。疲れは避けられないことですが、それぞれの体調が気にかかります。暴食が特徴だったこの座組の食欲が減退していることを考えても、旅の疲れは自分で思うより身体の中に堆積してきているのでしょう。

ともあれ、いつもより一時間早い昼公演に向けて、それぞれのいつも手順で準備をします。セットで準備体操をする中上さんはヨガのポーズ。萌子さんは縦巻きロールに余念がありません。

開場し、開演が近づくといつも少し緊張します。どんな反応がくるのだろうと、モニターの前を離れられなくなります。そしてお客さんの笑い声を聞くとほっとします。毎公演こんな風に緊張するのでしょう。笑いがすべてではないですが、一番素直な反応ですから。そして無事2ステージ終了。舞台から上がってきた大谷さんと戸田さんが楽屋口の神棚に手を合わせました。私も今日の無事を感謝して手を合わせます。

終演後は搬出です。小道具を運び出し、セットをバラし、それぞれの機材をまとめて搬入口まで運びだすと、この旅の仲間であるトラックが待ち構えています。荷積みは、高度で卓越したテクニックと経験による知恵、そして情報を必要としています。荷の形状や強度、搬出の手順も考慮に入れた最適な順序で運び入れられていくセットや機材。運送の平沢さんと演出部の面々が荷台に立ち、バイトさんたちが呼ばれた荷物をトラックまで運びます。しかし現場用語がわからないと、何を運ぶのかも分かりません。「次、キュウ持ってきて!」と言われたら、長さ9尺のはしごを持っていくのです。照明さん、音響さん。それぞれの荷物に責任を持ちつつ、かかった声に敏感に反応して助け合います。衣裳のばくちゃんはトラック周りの荷物を、いつでも運びやすいようにまとめます。

すべての荷を積み終わったトラックの中はまるで小宇宙です。あるべきものがあるべき場所にあるべき状態で整えられていて、次の搬入の準備を完了しているのです。

はやふね

2005-11-23 23:26 この記事だけ表示

 大阪、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティに劇場入り。朝9時から搬入スタートです。旅公演三カ所目ともなると搬出入にかかる時間が見えてきて、スタッフにも余裕がみられます。今日は乗り打ちのためのシュミレーションも兼ねていたようで、4時頃にはほとんどの作業が終わりました。これで旅後半の仕込んで公演という日もいけるでしょう。

 スケジュールが緩やかな今のうちに、昨日の決心を実行に移そうと、今日は何枚も写真を撮りました。疲れている時に写真なんて撮ろうものなら、どやしつけられるに決まってます。スタッフさん、というのは写真を撮られたくない人が多いです。今日は真っ向勝負で写真を撮ってみましたが、たいていの人は一度顔を背けます。でも慣れると結構なんでもやってくれそうな気配もします。

 ではまず昨日に引き続き旅から参加の照明さん紹介をしたいと思います。
 
 鏡に移った林さん。真っ向からは決して写真に移ろうとしない、強い意志の持ち主です。鏡を経由してカメラに笑いかけてくれているように見えますが、おそらく偶然では?ピリ辛トークがイカした方です。もう一枚は前田さん。さんざん顔を背けたあげく、降参して私のために動かないで写真に収まってくれました。ありがとうございます。

 そして大谷さんの楽屋からなぜかウクレレの音が。仕込み日なのに?
 
 今日大坂入りした大谷さんはなぜか劇場入り。スタッフみんなに挨拶をして、楽屋でのんびり過ごされました。こちらはカメラを向けると積極的にポージング。二枚目にしてお気に召す写真を撮ることが出来ました。公私に渡り数々の武勇伝を持つ大谷さん。「お茶目」とはまさに大谷さんのためにある形容詞です。

おまけショット:
 
 劇場前がシルバーさんで埋まってました。都はるみさんのコンサートがあったのです。すごいなあ。大人気なんだなあ。

はやふね

2005-11-22 20:04 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。