2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール


可児市での公演を終え、今日は帰京日です。スタッフにとっては、11月15日の出発の日からはじめての帰京となります。今日いったん帰って、明日また移動し、次は水戸公演です。

この一月で、私は今まで行ったことのない場所にいくつも訪れます。例えば可児市。紅葉に埋まりそうなこのローカル線の終着駅に自分が立っているなんて、とても不思議な気分です。世界のどこにいたって自分は自分なんですが、こんな新鮮な気持ちになれる旅はいいものです。小さな駅の売店の前で、みんな好き勝手にしゃべります。女性が多いからか、楽しくもかしましい一座です。
移動という行為にすっかりなれたこの数週間。行く手に自分の家があるなんて不思議な気分です。新幹線の中ではどことなくぼおっとしたムードでした。緊張が解けたのかもしれません。今日は帰ってゆっくり休んで、後半に備えましょう。
東京も紅葉に彩られていました。昨日東京公演に制作としてついてくれたあおいちゃんから、東京もすっかり秋だよ、とメールがありました。ほんとだ、こんなにきれいな街だったんだなあ。

はやふね

おまけショット:永井さんの真似をする近藤さん。似てる!
 

2005-11-27 23:25 この記事だけ表示

公演日には恒例になった出前発注。

コミュニケーションボードの前にたかっているのは女性スタッフの面々。私が書いた「玉とじうどん」と音響スタッフの徳ちゃんが書いた「玉子とじうどん」に違いがあるのかと論議しているところです。

もちろん、私の書き間違いです。

今日は可児市文化創造センターにて、夜公演です。キャストは当日入り。スタッフは午後まで思い思いに過ごしました。私はマックでフィリピン女性と朝から国際交流。可児市は、ものすごく国際色豊かな街だということが判明しました。

開場するとすぐ、プロンプターでありこのブログの書き手だったわかちゃんのお母さんから「鬼まんじゅう」の差し入れがありました。
 
いぜん東京公演中に名古屋名物の話をしていたときに、戸田さんが懐かしがっていた鬼まんじゅう。こうして実物を眺めてみると何もかも予想と違っていました。なんと言うか、ごろごろサツマイモ入り蒸しケーキとでも言いましょうか? サツマイモ以外の生地の部分は弾力がありほんのりと甘く、食べ出があるように見えてあっさりと完食できてしまうおいしさです。これは発見です! わかちゃんのお母さん、どうもありがとうございました。

今日もとても暖かい拍手をいただきました。旅を始めてから5公演目。まだ全体の半分にも満たないですが、東京を発ってから12日が過ぎました。知らない土地に行って公演を打つ身としては、お客様の拍手ほどありがたいものはありません。明日はいったん帰京し、いよいよ「乗り打ちバラし」のスケジュールが待っています。キャスト・スタッフ共に、旅の安全と健康を祈らずにはいられません。そんな願いもこめて、今日は飲みにいっちゃいました。

はやふね

2005-11-26 23:08 この記事だけ表示

本日の仕込みは身体に優しい10時開始です。

搬入口からそのまま舞台裏につながっていて、条件の良さに作業は快調に進みます。


可児市文化創造センター小劇場は座席数約315。アリーナ席(?)を囲むように座席が配置されています。ちょっと変わっていますね。舞台の正面にあたるブースの一つは「親子室」となっていて、小さなお子さんを遊ばせながらの観劇を可能にするスペースです。私はこういうのは初めて見ました。お子さん連れの方はうれしいですよね。

お昼に衣裳のばくちゃんとおうどんを食べに出ました。ダシのきいた優しい味で、思わずどんぶりをもって汁をごくり。この辺はうどんが有名なのでしょうか? よくうどん屋を見かけます。岐阜という名前は織田信長が付けたといいますが、彼の舌が濃い味嗜好だったことを示すお話も残ってますよね。もっと濃い味のうどんが出てくるかと思っていました。本当においしかったです。

おまけショット:

これがホントの舞台裏。先生たちはこの通路を通って保健室にやって来ます。ドア奥まで飾りが行き届いているのが分かるでしょうか。演出部が見つけてきた学校啓示用のポスターです。客席からはほとんど見えませんが。

はやふね

2005-11-25 19:44 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。