2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール

舞台監督さんとその助手の方々を我々は演出部と呼びます。
菅野舞台監督率いる今回の演出部は、二兎社初参加です。
今日はそんな縁の下の力持ち、演出部にスポットをあててみます。
舞台監督助手の丸山さんは稽古場でいつもパソコンを巧みに操り、スラスラと図面を引いています。

二兎社の稽古場もIT革命の風が吹いております。
パソコンを操るだけで"できる男"に見えてしまうのは、私がアナログ人間なだけでしょうか。
さて、スポットをあてるなんて言っておきながら、ナゼにまたもや後姿かと言うと、スタッフの方は写真に写るのを嫌がるシャイな方が多い印象があるんです。
更に、舞台上で危険なことが無いように常に気を配っている演出部ですから、運悪くピリピリしている時に話しかけると怖いというイメージが、どうしても。
始めてご一緒するスタッフさんですので、尚更警戒しちゃいます。
いやいや、スポットをあてなくては。
まったく勝手な先入観を抱えて鼻息も荒く近づきまして。
……あの、日記に載せたいのでお顔を撮りたいなと思うんですが。
「え! 日記? なになに? なんに載るの?」
二兎社公式HPの日記にですね……ええ、まあ、よろしければなんですけれども。
「お! いいよいいよ!」
あれ!?
丸山さん、いい笑顔っすねぇ。
その笑顔一枚いただきます……パシャリッ。
「なはは。グラビアアイドル撮るみたいな口振りだなぁ。」
……いや、そんなつもりは。
ノリの良い方でホッとしました。
ほらね、本当にいい笑顔でしょ?

By わか

2005-09-10 21:55 この記事だけ表示

稽古場の最寄り駅の階段を上ると、柑橘系の実が迎えてくれます。

稽古初日に見つけてから気になっちゃって。
排気ガスだらけの大通りですから収穫するつもりはありませんが…楽しみじゃないですか。
この実が熟れる頃には「歌わせたい男たち」も食べ頃に。
さて、昨日一日お休みを挟んで立ち稽古二日目です。
愛さんが髪を切っていました。
立ち稽古に入ってお隣に座らせていただいているので隠し撮りも容易に・・・パシャリッ。

しかし、容易に行かないのはプロンプ。
プロンプは台詞を言う役者さんをほんの一瞬早めに見ていないといけない、と心がけています・・・普段は。
ええ、普段は。
しかし、隣から愛さんの笑い声が聞こえるとつい、その、心が乱れまして・・・。
いえ、ミスを愛さんのせいにしているわけじゃないですよ。
芝居をしているのは舞台上の全員ですから、台詞を言っていない人のリアクションが面白いことがありますよね。
それでも、私は台詞を言う人だけを見ていなくちゃいけないのです。
当たり前のことなのにこれが時々、辛いです。
楽しい瞬間は一瞬でも見逃したくないという気持がおこってしまう。
置いてきぼりにされたように、愛さんは今何に笑ったんだろうって。
まったく、何しに来ているんだか。
数日前のリベンジ宣言も虚しく、いささか挫折感であります。
クビになりませんように。
こうやって、心乱される瞬間を積み重ねて芝居は熟れ頃食べ頃を迎えるのです。

By わか

2005-09-09 21:52 この記事だけ表示

●第一問:この人は誰でしょう?

●答え:もうお分かりですね、愛さんです。
赤い矢印にご注目ください。
お分かりいただけるでしょうか・・・新たな穴が! それもど真ん中に!!
ネットでお扇子を直せる業者を見つけて修理を提案しましたが、修理の間手元が寂しいとのことで却下されました。
この調子でオールシーズン働いてきたんですね。

●第二問:この人は誰でしょう?

●近藤芳正さんです。
これ、台本なんです。
自分の台本だとすぐにわかるように描いたのだそうです。
この座組みには近藤さんはお一人なんだから、お名前を書けばいいのに・・・いや、でも、なかなか似てますよね。

●おまけ●
9/4の日記で二兎社宛に質問メールをいただきましたので、お答えいたします。

Q1,近藤さんの手にあるものはなんですか?
A1,手に持っているのは、戸田さんの私物です(たぶんお砂糖)。
お芝居をしている人の中には自分の名前を千社札にして台本や私物に貼っている人がよくいらっしゃいますが、戸田さんはオリジナルの名前シールを貼っているので、手に持ってお見せしているんだと思います。今度大きく写してお見せしますね。
Q2,近藤さん太りました?
A2,いえいえ、近藤さんはスリムでお洋服もお洒落なんですよ。
では、ナゼこのように太って見えるかというと、秘密はTシャツにあります。近藤さんが主宰を務めていらっしゃる劇団 ダンダンブエノのTシャツなんですね。強調したかったのだと思います。
念のため、近藤さんに確かめたところ・・・
「役作りで太ってるんだよ。」
さて、どんな役なんでしょうね。
随分多くの方が日記を読んでくださっているようで、このようなメールをいただいき大変光栄です!細かいところまで見てくださっているんですねぇ。励みに頑張ります!
By わか

2005-09-08 21:06 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。