2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール

稽古のときに演出家から役者に演技の改善点を挙げたり要望を出すことを"ダメだし"と言います。
この言葉はいつどこで生まれたんでしょうね。
一般的にもなってきてますよね。
先日の稽古で「"ダメだし"っていい言葉じゃないね」と言うことになりました。
役者さんの考えてきたことや表現していることは決してダメではないし、演出家だってダメだと言いたいわけじゃないですからね。
というわけで、現在は"チェック"と言っています。
もっといい言葉があるぞと言うかたはご一報ください。
ちなみにお写真は通し稽古の後に"チェック"をしているところを撮影したものです。

愛さんが同じ場所に立ってやって見せたりと忙しく動き回っています。
少し休憩をなんて時にも、スタッフさんとの打ち合わせ。

本番が近づいてますから、皆さん、そりゃもう、忙しいんですよ。
戴き物の梨でようやく一休み。
甘くておいしい梨です、ご馳走様です!

愛さんの「こんにちは、母さん」と言う作品で、リストラされたサラリーマンがお煎餅を食べて、
「お煎餅はお腹の足しではなく心の足しなんだ。人間を慰めるために人間が発明したモノだったんだ」
と語る場面があったと思います(正しい台詞は「こんにちは、
母さん」をお読みください)。
稽古の合間のホンのひと時にお菓子や果物で愛さんが笑顔になるといつも思い出すんです。
そして、愛さんの心を、いや、芝居を作り上げる皆の心を最も慰めてくれるのは、客席いっぱいのお客様に観ていただくことです。
もうすぐ本番です。
お客様でいっぱいになりますように☆

By わか

2005-09-28 22:57 この記事だけ表示

昨日、一昨日と抜き稽古で各場面を集中的に深め、今日は久々の通し稽古。
歌唱指導の荒井洸子さんが観に来てくださいました。
歌唱指導が入っているとはいえ、「歌わせたい男たち」はあくまでストレートプレイです。
芝居の中で歌うといってもミュージカルやオペラのようなショウ的要素は少ないんです。
荒井さんは通し稽古をご覧になって、演出意図に合わせた歌唱指導をしてくださいました。

なにしろ、荒井さんはシャンソン歌手としての活動の他に、ミュージカルを中心に活躍する女優さんでもあるんですから、見事なものです。
「さすが、プロだよなぁ」と近藤さんも感動していました。
実際に課題をクリアできたようで、近藤さんの晴れ晴れとしたお顔が印象的でした。

稽古の後、荒井さんから愛さんにプレゼントされた荒井さんのCDをみんなで聴かせて頂きました。
私のような小娘にはまだまだ敷居の高いジャンルだと思っていましたが、いやぁ、シャンソンっていいですねぇ。
んー、上京して8年目、私も大人になったってことかなぁ。

By わか

2005-09-27 23:21 この記事だけ表示

9月のほとんどを二兎社の稽古場で過ごした結果、来月の私のテーマは「のんきに根気、更に欲張るなら飛躍も」に決まりました。
肩に力を入れて大事なものを見失わない為です。
それで今日はまた稽古前に公園に寄り、小学生達の野球を観戦しながらお弁当を食べました。
小柄な少年の打球が植込みに入って行方不明、結果、単なるゴロがランニングホームランになるという、筋書の無いドラマが繰広げられていました。
二兎社の稽古場でも、日々ドラマティックな瞬間が生まれています。
今日は、皆が稽古に夢中になってしまい、稽古場の退出時間ギリギリまで気付かなかったぐらい生まれまくっておりましたよ。
本番直前の稽古は、出産ラッシュであります。
さてさて、紹介します。
今回の本番付き衣裳の大和田さんです。

昨日の衣裳合わせから参加されたのですが、既に"出来る女"ぶりを発揮していました。
今日だって萌子さんと早船さんと髪型会議を開いて活躍していらっしゃいましたし。

私と同い年。
「しっかりしていらっしゃるのねぇ」
思わずそんな言葉を漏らしてハッとしました。
先日稽古場で愛さんに似てきたと言われたのはこういうところだろうかと。
愛さんはよくこういうことを仰るイメージがあるんです。
考えてみれば来月のテーマの控えめなようで少し欲張りなところも……愛さんっぽいような。
どうせなら、愛さんのような文才がほしいものですよ、トホホ。
「のんきに根気、日記も飛躍」にしようと思います。

By わか

2005-09-26 23:13 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。