2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール

先日、「歌わせたい男たち」が大千秋楽を迎えてちょっぴり寂しい気分の皆様、お待たせしました。
約3ヶ月密着取材するうちに撮りためたお写真を一挙公開いたします。
既に掲載したものとしていないものがごちゃごちゃになっていてまとめるのに時間がかかってしまいました。
では、早速。
●稽古場でコッソリ撮った大谷さん

……いつもパワフルな大谷さんも疲れることがあるのかななんて思ったものです。
●巨大扇風機と舞台監督の菅野さん

……この扇風機で日章旗がはためいていたワケです。
●仲良し二人組み

……まだ半袖の頃なんですね。
●照明会議

……身振り手振りでイメージを伝える愛さん、バレエのような手つきですね。
●衣裳合わせ

……衣裳合わせの日の衣裳さんは皆さん鬼気迫る風情で、手元は神業のごとく動くんです。
ホントです。

……ちなみに、戸田さんのお衣裳は総手縫いです!
●歌唱指導

……戸田さんの歌がとってもお上手だと言うことは今更書くまでも無いことですが、ラストシーンのアカペラは、すぐ後の終幕に流れる「聞かせてよ愛の言葉を」と全く同じキーなんですって。
意識してのことではないそうですが、意識したって絶対音感でもなけりゃ難しいんだそうです。
●健康オタクの近藤さん

……この日はジャージも健康グッズのお店のものです。
いろんな健康法を教えていただきました。
●二猫社

……今回も度々登場した二猫社のお二方です。
私のウチの近所に住んでいて、失敗して帰る夜もこうして二匹で迎えてくれるんです。
●劇場入りして

……この登場シーンがとっても好きです。

……愛さんのチェックが炸裂し、真剣にメモを取る戸田さん。

……萌子さんと愛さんのチェック風景が一番多く見られた気がします。
●終演後の風景

……ビールで乾杯。
中上さんはお酒とおいしいものに詳しい、グルマーと呼ばれていました。
そんな言葉あるんでしょうか。
●仲良し二人組み パート2

……酔っ払って近藤さんにコソコソ話をする大谷さん。
コソコソと言うよりイチャイチャに見えるのは私だけでしょうか?
●アイドル

……照明のパクサンと私・わかです。
旅公演からの参加にも拘らず、毎年座組みのアイドルとなるパクサン。
ワタクシ、同じポーズで密かに意識してみました。
●旅の終わり

今回初めて旅公演を体験した制作部の早船さんの旅手帳。
こんなになるまで使い込んでいただき、本望であります。
お疲れ様でした。

とまぁ、こんなところでしょうか。
これをもちまして、「日刊・歌わせたい男たち」も廃刊でございます。
たくさんのご声援、ありがとうございました。
また、お会いできますように★

わか

2005-12-12 23:32 この記事だけ表示

旅の千秋楽。大楽です。

湘南台は快晴。この旅のお供だったトランクをごろごろ引いて劇場入り。

みんなとニコニコ挨拶。大楽とは思えない、いつも通りの光景。入ってきた戸田さんの「千秋楽おめでとうございます」の声を聞いて、千秋楽度が1ランクUP。出前を募り発注、いつものように場当たりを開始。現れた永井さんのスカート姿を見て、千秋楽度がまた1ランクUP。開場直前の舞台に行ってみると、スタッフが最後の点検。このセットも見納めだと感慨深くなってさらに1ランクUP。開演中、モニター前を陣取って観劇。中上さんのジャンプがいつもより高く決まってまた1ランクUP。終演近くになってこっそり客席へ行き、戸田さんの歌を聞き、カーテンコールを見て、走って楽屋に戻り役者さんを出迎えて握手。ああ、終わってしまった。それでも実感がわかない。

東京公演、全国公演とご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

無事に公演を終えられてほっとする一方、とても寂しいです。

キャスト・スタッフの皆さん、お疲れ様でした!!
また会う日まで。

はやふね

2005-12-10 23:01 この記事だけ表示

 昨日は一足早い打ち上げがありました。
 打ち上げに付き物なのが大入袋!関係者一同に配られます。でもただ名前を呼んで渡すだけではつまらない。苦労を労い、活躍を称賛するためにプレゼンターの永井さんが一肌脱ぎました。

 まずは手元の大入袋をトランプのように切ります。出た名前を皆には教えず、誰かを選んでその人にまつわる出来事や特徴を言ってもらいます。そこから皆で誰が呼ばれるのかを当てにかかります。「食べ過ぎて食あたりを起こした人」「俳優R.Oの意中のあの子」「昼公演を夜公演と間違えて遅刻しかけた人」
 東京公演・旅公演と色んなことがありました。出るわ出るわ、この四か月の記憶がそれぞれのエピソードと共に思い出されて大盛り上がりです。大谷さんは永井さんが袋を隠しても自分が名前を見てしゃべりたがり、近藤さんは永井さんの物真似をしながら永井さんに大入袋を渡し、そのすがたで「他人が見た自分」を目の当たりにした永井さんはショックの余りへたりこみ、自分以外のキャスト全員からダイエット方法を非難された戸田さんは笑いすぎて畳に這いつくばってしまいました。

 共有する思い出の、なんと多いことでしょう。
 泣いても笑っても後一回。湘南台です。

はやふね


おまけショット:ロシアから参加のダーシェンカさんです……照明・前田さんです。朝の白石蔵王の駅があまりにも寒かったのです。

2005-12-09 23:52 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。