2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
4月24日(木) ご当地の楽屋[2008年公演]
名古屋はご当地。
戸田さんのご当地、近藤さんのご当地、そしてわかちゃんのご当地。
わかちゃんのお父上とお母上が観に来てくれました。何よりも何よりも、感動したのはお父上がわかちゃんとまったく同じ姿形をしていることです。なんだか涙が出そうな程よく似ていた。ああ、間違いないなと思って。
「製造元ですから」とは、お父上の談。あはは、コメントのセンスまで似ている。離れて暮らしていても、つながりの濃いこと。
持って来てくれたのは、鬼まんじゅう。

080425.jpg

初演の時に食べてから、名古屋にきたら食べたいものナンバーワンと決めている。この座組で二回も一緒にやったから、名古屋の珍な食文化に精通できた気分。稽古場でも「生せんべい」とか食べてましたものね。
愛知厚生年金会館は1,600席の小屋で、今回の旅ではもっとも大きい劇場です。その割に客席はコンパクトに見えました。この厚生年金会館は、10月に閉鎖が決まっているそうです。そうなると、名古屋は慢性的な小屋不足に悩まされることになるとか。行政が苦しいと、文化って一番後回しにされてしまうんですかね。うまく行かないものです。苦しい中でも、そこに暮らす人々が文化に触れることで活力を得て社会にエネルギーが循環するかも、なんて考え方はぬるいんでしょうか。
そんなご当地・名古屋では、終演後の楽屋はすごいことになっていました。そういえば、まだ東京公演が始まる前に、戸田さんの事務所から名古屋公演のチケットを50枚予約が入って、票券の松本さんと「間違いかな?」と話していたことがありました。もちろん間違いではありませんでした。
楽屋の長い廊下はびっしりとお客様で埋まったのでした。

ハヤフネ
2008-04-24 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。