2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
4月19日(土) 芝居の「線」、おでんの「燗」[2008年公演]
始まりました、後半戦。
大阪公演、劇場は勝手知ったる梅田芸術劇場です。いや、私が「勝手知ったる」などとはおこがましい。しかし、うちのキャストやスタッフにとってはまさしく「勝手知ったる大阪の小屋」。東京の主な公演はたいていここでもやりますものね。

旅の中盤に来て、実は懸念事項がありました。
地方公演を回ると、毎回違う劇場条件の中でお芝居をし、違う反応をもらいます。その中で、見えにくくなってしまう「線」が出てくるのです。

お客様はお金を出して芝居を観に来てくれるわけですから、ぜひ楽しんでもらいたい、お芝居の主旨も理解してもらいたい。だから、声が反響しやすい小屋では台詞のテンポを微妙に変えたり、動きが増えたりします。しかしそうすることによって芝居が間延びしたり、リアルさを欠いたりすることもあります。それを防ごうとしたり、でも難しかったり、日々「条件」や「環境」と戦いながら、なんとか東京公演と同じクオリティでいい舞台を提供できるように頑張るわけです。しかしそうやってそれぞれの劇場条件やお客様の反応に依存してしまうと、本来の姿を見失ってしまうこともあります。「線」がぼやけてしまうというか。何か変わってしまっているけど、原因も結果も複雑に絡み合っていて、何がなんだか分からなくなってしまうのです。

そんなわけで今日本番を始めるまでは、「芝居が変わってきてしまっているのでは」という懸念を抱えていました。しかし、大阪のお客様はそんな不安をぬぐい去ってくれました。舞台は一期一会です。現金なもので今日のお客様のビビットな反応によって、「あれ? なんも変わってないじゃん」とあっという間に自信を回復していました。私は中盤から客席で観ていたのですが、さんざん観て、聴いてきた芝居なのに引き込まれ、心を掴まれていました。一度目のカーテンコールを見届けて舞台袖へ駆けつけると、三回目のコールに応えて役者さんが出て行くところでした。なんだか胸が詰まって、どんな風に役者さんを出迎えようと思っていると、インカムから「もう一回行きましょう、ドア開けて!」と菅野さんの声が……。なんと、4回目のカーテンコール。戻って来た役者さんは、へいちゃらな顔して、それでも皆、猛烈にうれしそうでした。楽屋に戻ってくるスタッフの「お疲れさまでした」の声も、いつもと違いました。満ち足りた声に聞こえたのは、気のせいではないと思います。
まあ、毎日いろんなことがあります。

ちなみに今日は天満5丁目のおでんやに行きました。
屋台ではありません。お母さんが「私の写真は載せたらあかん」というので、働く美しい手を載せさせていただきます。お燗はこのように、おでんの中で暖めます。おでんの具にシュウマイって、見えます?

080419oden.jpg  080419oden1.jpg

とにかくめちゃめちゃ美味かった!

ハヤフネ
2008-04-19 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。