2008年 歌わせたい男たち
公演日程
2月29日(金)〜3月23日(土)
紀伊國屋ホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■埼玉
3月25日(火)
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール

■富山
3月27日(木)28日(金)
オーバード・ホール 舞台上特設シアター

■滋賀
3月30日(日)
滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール・中ホール
e+でチケット購入≪

■北海道・函館
4月1日(火)2日(水)
函館市芸術ホール

■北海道・苫小牧
4月3日(木)4日(金)
苫小牧市文化会館

■北海道・江別
4月5日(土)
江別市民会館

■北海道・旭川
4月7日(月)8日(火)
旭川市公会堂

■北海道・岩見沢
4月9日(水)
岩見沢市文化センター

■北海道・札幌
4月10日(木)〜12日(土)
札幌市教育文化会館

■北海道・釧路公演
4月15日(火)16日(水)
釧路市生涯学習センター

■大阪
4月19日(土)20日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティー
e+でチケット購入≪

■東京
4月24日(火)
かめあり リリオホール (東京都)
e+でチケット購入≪

■愛知
4月24日(木)
愛知厚生年金会館
e+でチケット購入≪

■静岡
4月25日(金)
長泉町文化センターベルフォーレ

■神奈川
4月26日(土)
杜のホールはしもと・ホール

■鹿児島
4月29日(火)
鹿児島市民文化ホール(第2)

■福岡
4月30日(水)
大野城まどかぴあ・大ホール

■山口
5月1日(木)
山口市民会館・大ホール
3月21日(金) アイドル![2008年公演]
本日は野田秀樹さんをゲストにお招きしてのポストトークが行われました。

別の日のチケットをお持ちの方でもご入場いただけるため、開演前から劇場の外に並ぶ方もいらっしゃいました(トーク開始の2時間も前です!)。そして、終演した時には長蛇の列が……。
「すごい……まるでアイドルが出てくるのを待ってるみたいだね」と戸田恵子さんのマネージャーさんが感心していました。

野田秀樹さんが二兎社の公演を観てくださったのは、1999年の『兄帰る』以来ですから、なんと9年ぶり。『兄帰る』が岸田國士戯曲賞を受賞できたのは、野田さんの強い推薦があってのことでした。私も授賞式に居合わせたのですが、全く作風が違う永井作品を「大人の喜劇」として正当に評価してくださったことをよく覚えています。

そして今回の『歌わせたい男たち』も、野田さんは「面白かった」と言ってくださいました。当の作者を目の前にしているのですから「つまらなかった」とは言えないでしょうが、あながち嘘ではないと思います。「この作品に出演してくださいと言ったらどうします?」との永井さんの問いに対して「やりたいですねぇ!」と即答してくださいましたから。

『歌わせたい男たち』はともかく、他のプロジェクトであっても、いつか野田さんと永井さんがタッグを組んで何かを作ることができたら−−そんな期待も、夢ではないかもしれません。

東京芸術劇場初の「芸術監督」就任が決定したばかりの野田さん。ますますお忙しくなるでしょうが、これからも演劇界にとって刺激的な存在でいてくださいますように。

余談ですが、本日司会を務めました私(ゆ)は、夢の遊眠社の熱烈なファンでした。客席から憧れのまなざしで見つめていた野田さんと、こんなふうにお仕事でご一緒することができて大感激です。あの少年のような笑顔は今でも健在でした! 本日はご出演いただき、本当にありがとうございました。

(ゆ)


2008-03-21 00:00 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。